英会話の勉強44

カタカナ英語には注意しよう

カタカナ英語には注意しよう

塾や英会話教室に通っている、もしくは通っていた人を除くと、多くの人が初めて英語を習うのは中学校の授業のときではないでしょうか。その後、高校あるいは大学と英語の勉強を続けていきますが、その際に注意しなければならないことはカタカナ英語についてです。

 

日本では以外となじみの薄い英語ですが、カタカナ英語は巷に結構あふれています。もっと言えば、自分の名前や日本語の文章をそのままアルファベットに置き換える習慣、ローマ字読みする英語や発音というのも記憶があると思います。

 

例えばあいうえお→AIUEOのような感じです。しかしこれこそがきちんと気をつけなければいけない部分で、いつまでもローマ字読みであったり、母音をはっきり発音する日本語英語では、英語力が伸びない要因の一つになると言えます。

 

日本語と英語ではまず発音の仕方が大きく異なっており、日本語の五十音にアルファベットを当てはめているような感覚では英語そのものの理解が難しくなります。RとLの違いがわからないのもここに通じるでしょう。

 

言語習得には臨界期があり、十代前半頃には母国語のように習得するのは難しくなってしまいます。しかし英語を使う時に頭で浮かんだ日本語を英語に訳すのではなく、まず英語で理解し英語で考えることでネイティヴに近い英語力を得る事が出来ます。

 

なので、英語を使う時は日本語から完全に切り離して考えるべきですし、英語を使うときは日本語ベースで考えず、頭の中から日本語をなくすようにしましょう。

 

最初は難しいですが、簡単な洋書を原文で読んだり映画を英語で観るなどが良い練習になります。英語は身振りも意味を持つため、なんとなくは観ていて分かります。ぜひお試しください。


ホーム RSS購読 サイトマップ